こんにちは!長崎松陰塾平和町校の牟田です!

少し前に「林先生の初耳学」というテレビ番組で

慶應義塾大学の中室牧子教授が、子どもの正しい

ほめ方についてお話しをされてました。

子どもが良い点をとったときにかける一言に

正解・不正解があるそうです。

テストで100点を取ったとき

頭がいいね→×
よく頑張ったね→〇

頭がいいねとほめても成績は上がりません。

両方ともほめ言葉ですが、「頭がいいね」は能力をほめていて、

「よく頑張ったね」は努力をほめています。

小学生を対象に行ったある実験で

子供達を2つのグループに分け、 いい成績を取ったら

1つのグループは「頭がいいね」と子供の才能をほめ

もう1つのグループは「よく頑張ったね」と努力をほめました。

すると明らかな差が。

この結果によると「頭がいいね」ともともとの能力を褒めると

子供達はだんだん意欲を失って成績が低下する

ということが分かったのです。

それはなぜなのかといいますと

結局もともとの能力をほめられると「点数がよかった」のは

自分の元々の能力が高かったから

と考えてしまうのでだんだんと努力する意思を失ってしまう。

なので子供をほめるときは

「今日は1時間も勉強ができたね」とか
「今月は1度も遅刻せずに学校に行けたね」

など、

子ども達の努力を具体的にほめてあげることが

必要なのです。

子供がテストで100点を取ってきた時は

よく頑張ったねと努力したことをほめるべき

ちなみに悪い点を取った時に絶対に言ってはいけない言葉。

「女の子は数学が苦手だから
 できなくてもしょうがないよ。」

というなぐさめ方をしてはいけません。

先入観や思い込みから発せられた

ネガティブな言葉が子供に刷り込まれ、

本当に子どもの学力が下がるという
研究結果が出てるのです。

山里小、高尾小、城山小、坂本小、精道小、三原小、西町小、山里中、江平中、緑ヶ丘中、南山中、純心中に通われている皆様、長崎市で個別指導の学習塾をお探しなら、
「完全個別指導 長崎松陰塾 平和町校」へお気軽にお問い合わせください!

長崎松陰塾 平和町校
担当 : 牟田 (むた)
お電話でのお問い合わせ   : 095-894-4539
Eメールでのお問い合わせ : info@nagasaki-showin-heiwa.com